青汁の良さとおいしい飲み方

青汁と血液の流れを良くする薬の飲み合わせ

青汁は、健康食品ですので基本的に誰が飲んでも差し支えないものです。ただ、持病を持っていて薬を服用している人は、飲み合わせが悪くなることもありますので、青汁の注意点を知っておく必要があります。

飲み合わせでよく知られているのは、青汁にたくさん含まれているビタミンKです。ビタミンKを摂りすぎても、健康被害はありませんが、ある種の血液の流れを良くする薬の効果を弱めてしまうことがあるのです。

血液の流れを良くする薬とはどんな薬ですか?

血管の中の血栓や塞栓(そくせん)を治療したり、それを予防したりするときに使用されます。血栓には、心筋梗塞、脳梗塞など動脈で、動脈硬化が主体となる血栓症と、心房細動、エコノミークラス症候群など静脈で、血液が滞ることが主体となる血栓症の二種類があります。動脈の血栓には、血小板の働きを抑えることが必要で、静脈の血栓には、凝固因子の働きを抑えることが必要となります。

血栓ができる過程が違うため使用する薬も違うのです。よく知られているのは凝固因子の働きを抑える「ワルファリン」という抗血液凝固薬と、血小板の働きを抑える「アスピリン」などの抗血小板薬です。

「ワルファリン」を飲んでいるのですが、青汁を飲むのはダメですか?

結論から言いますと、ダメです。この薬は静脈の血栓に処方されます。

静脈は、動脈に比べ血の流れが遅く、血圧も低いためにもともと血液が滞りやすいです。血液にはもともと粘り気がありますが、生活習慣病などで血液がドロドロになったり、長期間寝たきりで運動をしないと、静脈に血栓ができやすくなります。血液に粘りを与える物質は肝臓が作るのですが、その際、ビタミンKを必要とするのです。この薬は、ビタミンKの働きを抑えることで、血液に粘りを与える物質を作らないように制御する「抗血液凝固剤」なのです。だから、ビタミンKのたくさん含まれた青汁を摂取してはダメだということです。

青汁だけでなく、納豆やブロッコリー、クロレラ、モロヘイヤなども禁じられています。また、骨粗しょう症の予防にサプリメントを飲んでいる人も、ビタミンKが含まれていないか注意が必要です。逆に作用を強めてしまうような解熱剤や鎮痛薬もありますので、市販の風邪薬などを飲むときも医者や薬剤師に相談しましょう。

「アスピリン」を飲んでいるのですが、青汁を飲むのはダメですか?

主治医・薬剤師の考え方もありますので、必ず確認は必要ですが、一般的には飲んでも差し支えありません。

心筋梗塞、脳梗塞などは動脈に血栓ができます。この血栓は、もろくなった血管が傷ついたところを修復するために、血小板が働いてかさぶたを作ることから発生します。この場合、処方される血液の流れを良くする薬は、アスピリン、クロピドグレル、チクロピジン、シロスタゾールなどがあります。アスピリンも血液を固まりにくくする薬なので、青汁はダメだろうと考える人が多いのですが、間違いです。これらの薬は抗血液凝固剤ではなく「抗血小板薬」です。

血小板の働きを活発化するために必要な酵素の働きを抑える薬で、血小板同士の結合などを押さえ、血小板の力を弱めます。この薬を飲んでいる方にとっては、青汁を飲むことで血液の質が改善でき、飲み続ければ健康な血液を維持できる体質改善が期待できるものなのです。